増築工事(庭を愛でるための部屋)長浜市

DSCN0015

 一見 増築したと分からいようにとのご要望。 笠木・帯など ベンガラの色にも いつも以上に こだわりました。
before
DSCN9483

立派な庭を愛でるための部屋ですので 当然のことながら庭を傷めては、本末転倒ですので
既設の切り石等を上手く利用しながらの増築工事になります。
horizontal
after
DSCN9908

それほど大きくない部屋ですが、可能な限り大きな窓を取り付けるために、戸袋と雨戸をひと工夫しました。
DSCN0018
DSCN9476

玉石を取り除いて(再利用します。)ここに増築のための基礎を造ります
DSCN9739

大きめの切り石で基礎を造ります
右下に見えているのが独立基礎です。
DSCN9741

束石据付です。
before
DSCN9734

工事に邪魔になる掃き出し窓の電動シャッターは取り除いておきますが、窓そのものは 外部が仕上がってから取り外します。
horizontal
after
DSCN02121

一間窓を取り外し 4枚建ての両開き框戸を取り付けますので 一間窓は当然半間しか開けられませんが 一間まるまる開けることができますので、かなりの解放感が生まれます。 
before
DSCN9483

増築前の部屋には、L型の出窓があり カーテンが取り付けられていましたが とても不自然ですので
horizontal
after
DSCN0206

荒間格子の内窓(YKKプラマードU)を取り付け和風モダンのお洒落な部屋に仕上げました。
DSCN0200

一間4枚建ての引き分け(両開き)戸です。
DSCN0208

4枚の建具が左右に開けたところです。掃き出し窓があったとは思えないほどの開放的な空間に仕上げました。
DSCN9766

躯体工事です。
DSCN9869

 可能な限り大きな窓を取り付けたいので、ひと工夫しました。
DSCN9883

戸袋の中は見えませんが、きちんと仕上げておきます。
DSCN0032

床には、和紙畳を敷き込みました。
和紙?って思われる方は多いと思いますが、一度使われると 和紙のすごさを実感されると思います。
DSCN0214

素敵な庭の一部です。
DSCN0207

カーテンを取り付けて完成です。
和紙畳は厚さ13㎜ 大きさは82㎝角ですので、奥様でも簡単に干せて喜ばれます。